食いつきが悪い時の、ペットフードの与え方

ペットフード

いつもブログを読んでくれてありがとうございます(*^-^*)

10年以上現役プロトリマーをやっているHug店長です!!

 

今回は『ペットフードの与え方』というテーマで解説していきます!

 

ペットフードって意外と与え方について説明ってないですよね?

例えば

 

うちの子って、ゴハンをどのくらい与えたらいいの?

 

ゴハンの回数は何回がいいの?

 

うちの子、ゴハンを食べなくて困っちゃう💦

等々、ペットフードだけで沢山の疑問がわいてくると思います。

 

なので、今回はHug店長がこれらの質問に具体的にお答えしますので、

今後の参考にしてくれたら、とても嬉しいです!!

 

疑問①.うちのペットの適正なフードの量は?

回答⇒購入しているフードの表示を参考にしよう!

 

【疑問①の解説】

フード毎に、ペットの体重ごとの適正量が表示されています。

それはフードによってグラムあたりの栄養や、カロリーが異なるためですね。

実際のフードの袋には

アーテミス 給餌量

この様に、一日当たりのフードの給餌量の目安が載っているので、この一覧表を参考に与えるといいと思います(*^-^*)

 

【例)3kgのワンちゃんに1日2食与える時の、一回当たりの給餌量は?】 

体重が3kgの場合・・・1日当たり87g

朝・夕の二回給餌・・・87g÷2回 = およそ43g(一食あたり)

となります。

 

では、2.5kgのワンちゃんの一日の給餌量は?

2kg・・・71g

3kg・・・87g

なので

87g-71g = 16g

16g×0.5kg = 8g

となります。

ですので、2.5kgの場合

2kg・・・71g + 8g = およそ79g

となります。

実際、ペットの年齢や、健康状態、妊娠の有無などによって

摂取カロリーは変わるので、こんなにきっちりと計らなくても大丈夫ですが、

過度なカロリーを与えてしまうと、健康に影響が出てしまうので

ある程度の必要なグラムは自覚して与えましょう!

 

疑問②.ゴハンの回数は何回がいいの?

 

回答⇒家庭環境に合わせて与えましょう。

 

【疑問②の解説】

幼少期であれば、なるべくゴハンは柔らかくして常に食べられる状態を作るのがいいと思いますが、

成犬・成猫の場合は、家族の一員として無理のない回数で良いと思います。

 

例えば、夫婦二人暮らしで共働きの場合

ほとんど昼の時間は家にいないことが考えられるので3食与えるのは難しいと思います。

その場合であれば、朝・夕の二食にして適正量を与えられれば大丈夫です。

 

その際の注意点として、「チワワ」「ミニチュアピンシャ」「ポメラニアン」など

特別に小さい個体の場合は、あまりにも食事がとれないでいると『低血糖』というエネルギー切れを起こすことがあるので、なるべく朝のご飯は完食したのかどうか確認してから外出されることをお勧めします!

 

疑問③.食いつきが悪い時はどうすればいいの?

回答⇒以下の方法を試してみよう♪

 

対策① ゴハンをお湯で柔らかくする

 

⇒一食あたりの量のフードに浸るくらいのお湯をいれて蓋(ラップでも可)をします。

5分位置くとお粥みたいになるので、それを与えます。

この方法は、消化器官が弱い仔犬体調が悪い子にもおススメです!

 

対策② お気に入りのおやつや、ふりかけ、缶詰を使用する

 

⇒朝どうしてもご飯を食べない時は、お気に入りのおやつを小さくしてゴハンに混ぜたり、ペット用のふりかけや缶詰を混ぜるのも効果的です!

体重に問題がなければ、粉ミルクもお勧めですよ(*^-^*)

対策①の様に、ふやかしたゴハンに粉ミルクをかけて、混ぜ混ぜするとさらに食いつきUPすると思います。粉ミルクも色々ありますが、特におススメは「ゴートミルク(ヤギのミルク)」が食いつきや栄養面でおススメです(*^-^*)

 

【ゴートミルク(ヤギのミルク)】

メインバーグ社のゴートミルクは人間用として販売されていますが、ワンちゃんや猫ちゃんにもご利用が可能です。

 

ゴートミルクであれば、牛乳の様にお腹がゴロゴロしにくいので安心してご利用いただけますし、栄養価も高いので普段の栄養補強やサプリメントの代わりとしても与えられるのでおススメです(*^-^*)

 

対策③ 違うペットフードを試してみる

 

⇒普段食べているゴハンに飽きてしまって、ほかのゴハンを要求しているのかもしれません。もし他のフードがあったら代わりに入れてみてはどうでしょう?

この時に、気を付けたいのはメインにしているタンパク源を変更してみるのがおススメです!

例えば、原材料を見た時に「チキン」が主原料になっていたら

「馬肉」「ターキー」「魚」などの違う素材のフードを使用すると

より効果が出ると思います。

 

【デイリーフォルツァ(フィッシュ)】

 

対策④ 電子レンジで温めてみる

 

⇒ペットフードは肉や油を使用しているので、電子レンジで温めると臭いが立って食いつきの促進を促せます。500wの電子レンジであれば30秒もあれば十分です。

※注意点

プラスチックの容器だと溶けることがあるので、陶器製の容器を使用してください!

また、フードは油を含むので長時間の過熱は焦げ、炎上、煙がでるので過熱しすぎないように目を離さないでください。

加熱後はかなり熱くなっていることがあるので、少し冷ましてから与えるとよいと思います。 

 

対策⑤ 最終手段!栄養剤!!

 

⇒ペット用の栄養剤が販売されているので、あまり手間暇かけられない場合や、時間が取れない時には、チューブタイプの栄養剤をあらかじめ与えておくのがおススメです!

基本的に甘い味(コーンシロップや小麦の糖質を使用していることが多い)なので、すぐに食べてくれると思います。食べない時には、自分の人差し指につけてペットの前歯の裏にこすりつけると食べてくれます。

 

ここまで読んでくれてありがとうございます(*^-^*)

フード悩みはまだまだあるかもしれませんが、とりあえずペットフードの与え方でした。

皆様からのお問い合わせや、質問があればお答えしますので↓のリンクからどうぞ♪

【お問い合わせ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました