ご家庭でも使用可能!プロが使用しているお手入れ道具(初級編)

トリミング関連

プロが使っている道具を学ぼう!

どうも皆さん、「Hug店長」です(*^-^*)

私自身もトリマーとして10年以上活動していますので、

実際に仕事で使用している道具について解説しようと思います。

 

これらの道具はプロのトリマーさんだけではなく

ご自宅でペットのお手入れをしたいと考えている

飼い主さんにもおススメですので、

是非参考にしてみてください!

 

トリマーが使用している道具紹介

今回は私たちプロのトリマーが実際に使用している道具の中でも

ご家庭でも簡単に使用できる必須アイテムについて解説していきます!

 

それぞれ特徴がありますので、

ご自身のペットに合った道具を見つけて頂けたら嬉しいです(*^-^*)

 

 

①『スリッカーブラシ』

ペットの毛をお手入れするブラシの一つですね。

全身のもつれや毛玉をとったり、抜け毛を取り除いたり

全身の毛を整える時に使用します。

 

 

例えば、

柴犬やポメラニアンのような抜け毛が多い子であれば⇒もつれ取り

プードルやシーズーの様な長毛種であれば⇒毛玉取り

など幅広く使用できます。

 

トリマーにって必須アイテムであると同時に

このブラシがあれば、

ほとんどのお手入れができてしまう凄いアイテムですね!!

 

先端が針金みたいになっているので、力加減やブラシのかけ方に

コツが必要なので、初めて使用するときは

先端が丸くなっているタイプもあるので

そちらから使用してみるといいかもしれませんね。

 

スリッカーブラシ(先玉付き) わんちゃん ねこちゃん ペット用品

 

実際、ピン先が丸くなっていると

お手入れに時間がかかってしまったり、

思った様に毛玉を取るのに苦戦したり

することはありますが、

慣れない道具で怪我をさせたりするよりは、

道具の練習としてオススメなので、

初めての方はこちらから使用してみましょう(*^-^*)

 

スリッカーには二通りある?

ペットのお手入れには必須といえる『スリッカーブラシ』ですが、

ブラシの硬さに違いがあり、

●ハードスリッカー

●ソフトスリッカー

の二つが存在します。

 

ハードスリッカーとは

まずハードスリッカーとは、名前の通り

ハード(硬い)ブラシのスリッカーです。

ピンのブラシが硬く作られており、

毛量の多い柴犬やコーギーなど抜け毛が多い犬種に向いている

ブラシになります。

【ハードスリッカーの注意点】

ピンが硬く作られていて比較的怪我を起こしやすいアイテムなので

力加減には注意が必要です。

 

 

ソフトスリッカーとは

では次に『ソフトスリッカー』ですが、

ソフト(柔らかい)ブラシのスリッカーになります。

ピンが比較的柔らかく作られていて、よくしなるので

プードルや、シュナウザー、シーズーなど

毛が柔らかい犬種などの毛玉取りや

被毛全体のお手入れにおススメです!

 

トリマーさんたちも比較的ソフトスリッカーを

使用していることが多いと思います(*^-^*)

 

どちらのスリッカーがおススメ?

『ハードスリッカー』と『ソフトスリッカー』の

二つを説明しましたが、

結局どっちがいいの?

ってなると思います。

 

ご家庭で使用するなら断然『ソフトスリッカー』

おススメです!

ソフトスリッカーはブラシが柔らかく

使いやすいですし、ケガのリスクも少ないです。

 

しかし、メーカーさんによってかなり違いがあり、

海外製のスリッカーは『ソフトスリッカー』として販売されていても、

ハードスリッカー並みに硬かったことがあります💦

 

様々なスリッカーを試してみた店長としては、

岡野製作所さんのソフトスリッカー

がおススメです!

 

ピンの柔らかさも丁度よく、実際に当店でも使用していますが、

お店で毎日使用している状態でも2年は使い続けられるくらい

耐久性もあります!

 

スリッカーで悩んだら、とりあえず試してよい商品ですよ(*^-^*)

 

②『コーム』

 

コームは全身のもつれをとったり、全身の整毛を行う道具ですね。

このアイテムの優秀なところは、

圧倒的な使い勝手の良さがあげられます!

 

例えば、前に挙げた『スリッカーブラシ』の場合

ピンが尖っているので、力加減やブラシの使い方にコツが必要ですが、

『コーム』の場合は、基本的に櫛としての役割になるので

圧倒的に使いやすいです!

ペットの方も嫌がることが少ないので、こまめにお手入れするにも向いています。

 

トリマーとしては、トリミング(毛のカット)の時に立毛を行って

トリミングをする際にハサミと一緒に使用しています(*^-^*)

 

軽量アルミ製カラーコーム 細目・荒目兼用38g(ペット トリミング 犬 猫 くし 櫛 コーム クシ)【TG】

 

 

③『爪切り』

 

ペット専用の爪切りですね。

ペットの爪は丸く伸びるので、この様な特殊な形の爪切りを使用します。

他にはハサミの様な形の爪切りもありますが、

今回は一般的に使用している「ギロチン式」の紹介です。

 

見た目は不思議に見えると思いますし、

名前は物騒だったりしますが、

とても優秀なアイテムなんです!

 

ハサミ式よりも安定していて、ブレずに切れる点や

爪の長さを見ながら切れる点は

本当によくできているアイテムですね。

 

切れ味が悪いと爪の神経を圧迫して痛がったり

断面がボサボサになってしまうので、

なるべく切れ味の良いものを使ってあげましょう!

 

個人的に様々な爪切りを使ってきた中で

廣田工具製作所さんの

『斬ZAN』切れ味が良く

耐久力もあってオススメなので

もしお家で爪切りをやってみたい方は

こちらがおススメです!(*^-^*)

 

もしもの時に備えて『止血剤』

また合わせてオススメなのが、

文永堂薬品

『クイックストップ』

という止血剤がおススメです!

 

これは爪切りの際に

深爪で出血した時などに使用する

止血剤になります。

止血剤がないとかなりの間

出血が続いてしまいますが、

こちらの商品を出血個所に塗布することで

応急処置が可能となります。

 

中には↓の様に黄色い粉が入っています。

この黄色い粉を出血個所に塗布すると

止血が可能です。

しかし、あまりに深く切りすぎた場合は

出血量が多くて、止血剤が聞きにくいことがあるので

なるべく動物病院や、トリマーさんにお願いするといいですね。

 

おススメの爪やすり

実際にペット用の爪切りでカットすると

まっすぐな断面になってしまい。

断面の端が尖ってしまうことがあります。

 

プロのトリマーであれば、爪切りだけで

丸くするようにカットすることは可能ですが、

爪切りの構造上、切りにくい箇所もあるので、

ご家庭用だけではなく、プロとしてのトリマーさんにも

こちらの爪やすりを、おススメします(*^-^*)

 

私が使用してきた爪やすりの中で本当にオススメなのが、

日里さんの

『サファイヤ 爪ヤスリ』

が圧倒的におススメです!

 

爪ヤスリと聞くと平面な板状のものを想像する方が多いと思いますし、

トリマーさんでも学校で実際に使用していたのは

爪切りにセットでついてきた、平面なヤスリではありませんか?

 

今回紹介している日里のサファイヤ爪ヤスリは

少しアーチ状のヤスリになります。

【正面】

 

【上から】

この様に形はまっすぐですが、

ヤスリ部分が少しアーチ状に作られているので、

ヤスリをかけていて爪が滑りにくく

しっかりとヤスリをかけることが可能です!

 

爪切りを嫌がる子であれば、

ヤスリだけでもかけてあげると、

かなり引っ掛かりにくくなりますので、

ご家庭やトリマーさんにオススメです♪

 

 

 

他にもおススメの道具は沢山ありますので、

そちらについては後日ご紹介いたします!

 

皆さんも興味がある道具があったらコメント頂けると嬉しいです(*^-^*)

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました