ペットの躾の方法7選! その② 【間違ったしつけ方】

しつけ・トレーニング

どうもHug店長です(*^-^*)

今回も『ペットの躾の方法7選』というテーマで説明していきます!

ペットの躾で悩んでいる方に向けてステップアップ形式で躾の説明をしています。

思ったように躾が出来ないという方は、『ペットの躾の方法7選』を参考にして実践して頂けたら、

飼い主さんの躾レベルも上昇しますので、是非お試しください!

 

 

【躾方法の7ステップ】

①飼い主とペットの主従を明確にする。

②間違った躾とは?

③躾の正しい褒め方

④ご褒美の方法

⑤問題行動を明確にする

⑥問題行動の細分化

⑦躾の継続

 

前回は①ペットと飼い主の主従を明確にするという内容を説明しました。

もし前回の記事を見ていない時は、先にそちらをご覧ください。

『ペットの躾方法7選! その①』

今回は『間違った躾』について説明します!

 

②間違った躾とは?

お家でペットと一緒に生活していると、どうしても粗相をしてしまうことがあります。

この時に飼い主さんとしては教えているつもりだけど、

実は間違った教え方をしているということがあるので、

ぜひ一度自分の教え方ってどうかな?と

見直してみてください(*^-^*)

 

間違った躾(1) ペットの失敗を怒るだけ

ペットを躾ける時はどんな声をかけたとしても、その意味は伝わりません!

むしろ、何か失敗行動に対して声をかけるという行為自体がペットへの報酬(ご褒美)に繋がる可能性があります。

 

【しつけの失敗例】

ペットが排泄をする時にカーペットの上にしていたので、怒鳴りつけた。

 

例えばペットがトイレを失敗してカーペットにしてしまった時に皆さんは、どの様に教えていますか?

よく有りがちなこととしては、つい反射的に大声で怒鳴る!ではないでしょうか?

この大声で怒鳴るという行為は、怒られているペットにとってどの様に映るでしょうか?

 

その子によっては、

ミルク
ミルク

飼い主さんに怒られた💦

と理解して、しょんぼりしたり、逃げる子もいるかもしれません。

しかし、何に対して怒られたのかは分かっていないんです!

 

飼い主さんとしては、『トイレの失敗』に対して怒っているつもりでも、

受け取りてのペットは『飼い主さんが怒った💦』という事実しか理解しません。

 

間違った行動に対して怒ることも大切ですが、合わせて正しい行動を褒めてあげることが重要です!

 

間違った躾(2) 言葉で注意する

また、叱り方によっては逆効果なこともあります。

それは、『言葉で注意する!』です!

 

ある程度の人間の言葉を理解している子も居たりしますが、

基本的には、『声のトーン』で理解していることが多いです。

 

では、実際に自宅のペットで試してください。

自宅のワンちゃんは『お手』が出来ますか?

 

もし『お手』が出来るのであれば、いつも出すコマンドと同じように、『桶(おけ)』とか『ラテ』と言ってみてください。

おそらく、『お手』をすると思います。

 

この様に、人間の言葉を理解しているようでも、その言葉の意味については、ほとんど理解していないことが多いです。

 

つまり、ペットの失敗に対して『言葉で注意』したとしても

受け取りてのペットからは『構ってもらえた』=『褒めてもらえた』

受けっとてしまうことがあるので、

飼い主さん側としては怒っているつもりでも

受け取り手のペットとしては構って貰えたと感じてしまっては逆効果になります。

ですので、失敗行動飼い主から構って貰えた(褒めてもらえた)⇒失敗行動を繰り返す

という悪循環に陥ります。

 

教えているけど、失敗行動が直らないという場合は

自分の行動を見直してみましょう!

 

間違った躾(3) ペットの失敗行動に体罰を与える

ペットへの体罰は絶対に禁止行動です。

それはペットとの信頼関係が崩壊してしまうためです。

 

ペットに躾を行う時はペットとの信頼関係が必要です。

ペットが飼い主さんを敵視していては、素直に内容を受け入れてくれないので

今後の躾を行うことが困難になります。

ですので、絶対にペットを叩くなどの体罰は止めましょう!

 

もし、もう既にペットとの関係が壊れてしまっている場合は、

とにかく、ペットとの信頼を取り戻すために、ペットを褒めることを探して下さい。

 

●飼い主さんに笑いかけてくれた

●傍に来てくれた

●ゴハンを食べてくれた

●甘えてくれた

なんでもいいですので、ペットの良いところを見つけて

まずは褒めたり、撫でたり、おやつを与えたりして

信頼を回復させましょう!

 

【注意点】 無理やり褒めなくても良いです。失敗行動を褒めてしまうと助長してしまうので、ちゃんと褒めるに値する内容に対して報酬を与えてください。また、信頼を回復するまでは怒ることはしないで、飼い主さんへの信頼回復に努めましょう!
 

叱るという行為の意味

 

叱るという行為は、人間に当てはめると試験やテストで×(バツ)を付ける行為なので

ダメな行為だということは伝わるかもしれませんが、

ちゃんと正解が分からないと、どの様に気を付ければ良いのか分からないままになります。

 

ペットが失敗したことに叱ることは大事ですが、それ以上にどんな行動が正解なのか

褒めて教えることが、より重要になります!

叱った後は、ちゃんと行動を褒めてあげましょう。

 

次回は『③躾の正しい褒め方』について説明しますので、

また次回も読んでいただければ嬉しいです(*^-^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました